マルチスタッフってなんだよ!は、ペテカン専属(?)マルチスタッフのボヤキ&裏側、公演案内や日々の活動など

ペテニュース


ペテカン次回公演
『上手に笑えないまさこさん』
2013年9/4(水)〜9/8(日)
詳細は↓
http://www.petekan.com

カテゴリー
最近のエントリー
プロフィール

谷友彦

Author:谷友彦
「Multi Staffってなんだよ!」はリンクフリーです。

最近のコメント
RSSリンク
月別アーカイブ
最近のトラックバック

AMAZING JOURNEY


ペテカン事務所移転に伴いまして、しばらくの間旅に出ます。
いつ帰るか予定は未定ですが、自分の経験のために良い旅になる事を願ってます。
更新まで少々お待ち下さい。


アンジェリーナ・ジョリー&ブラッド・ピット

映画モードにスイッチが入っちゃってヤバい、映画館行ったりレンタルしたり。
ジャンルを問わず、観ていないから観たい作品と観たけどまた観たい作品が入り交じってエラい事に、「プライベートライアン」観た後に「おくりびと」は自分でもどーなの(爆)さて、そんな中面白かった作品があったのでご紹介します。

「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」

「チェンジリング」

この2作品は面白かった、評論できるほど文才も無いので単純に、フィーリングで。
とは言え「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」はデヴィッド・フィンチャー監督(作品ではセブンが好き)「チェンジリング」はクリント・イーストウッド監督(作品ではミリオンダラーベイビーが好き)、「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」はファンタジー「チェンジリング」は実話に基づく話、共に作品の主な時代背景は20世紀初頭、アンジェリーナ・ジョリーとブラッド・ピットは夫婦、でも「Mr.&Mrs. スミス」の様なアクションムービー俳優ではない2作品が面白かったのはたまたまなのか?

映画の面白さってその時のメンタルなコンディションも有ると思うから皆におすすめとは言えない(舞台もそう思う)けど損はしないと思います。
あとオイラなりの楽しみ方は予告で想像しない事、特にテレビで予告してる映画ってハズレが多いね、お客入ってないから宣伝してるって事にしか見えない。


黒猫ヒカゲのお話

オイラの周囲には猫好きが多い気がする、もちろんオイラも猫好きである。
今回は田舎に居た時に飼っていた黒猫、日影(ヒカゲ)のお話。


ねこかるた

同級生の家から生まれたばかりでもらわれてきたオスの黒猫に、日影(ヒカゲ)と言う名前を付けたのは妹だった気がする。
黒猫と言えば精悍な顔つきでスマートなイメージだけどヒカゲはただ単に黒い和猫って感じで愛嬌たっぷり体ぽっちゃり系でスクスク育った。
好物は海苔、とにかく大好きで袋から海苔を出す時のわずかな「カサカサ」音に反応しては肩まで駆け上がってくるほど、最初に食べさせたのは多分お袋だろう。

ある晩オイラが帰宅すると真っ暗闇の玄関(田舎作りの古い家なのでスゴい広い)でドッタンバッタンとのたうち回る黒い物体が、ヒカゲだった。
抱き上げると苦しそうに鳴き叫び、触るなと言わんばかりにオイラの腕を引っかきカジる、これは尋常ではない。

田舎ではある時期にネズミの駆除のため毒入りのネズミの餌をそこら中に撒く、その毒を食べたネズミを捕まえてどうやら食べたらしい。
オイラは着ていたドテラにヒカゲを包み、段ボール箱を用意して、転げ回って落っこちたりしないようにその中にドテラごとヒカゲをそっと入れた。
翌日、おとなしくなった物の呼吸は荒く、水を飲ませたりしたけど様子は芳しくない、翌々日には虫の息、お袋と「もう駄目かもね」なんて話もしたり。

4日目、オイラが帰宅すると家の中は静けさに包まれ、段ボール箱の中にヒカゲの姿は無くドテラだけが毛だらけで残されていた。
居た堪れない気分で居間を通り台所へ、そこにヒカゲは横たわっていた。
オイラの顔を見るなりか細い鳴き声を上げ、頭や手足はガタガタ震えていて全身(神経)が麻痺していて立ち上がるのもやっとこさ、それでもこっちへ向かって来ようとしているので手を差し伸べるとペロペロ(シャリシャリ?)舐めてきた。

こうして3日間死の淵をさまよったヒカゲは体に麻痺は残った物の一命は取り留め、家族の中でオイラに一番スリ寄る猫になりました、顔を合わせればニャーと鳴き、ヨロヨロと近づいては足や背中にスリスリ、感謝の気持ちなのかな。
お袋曰く「えらい身体の不自由な猫になっちゃったねー」と、海苔の音に反応はするけれど体が動かないみたい。
その後もリハビリ(?)を続け、何とかまっすぐ歩けるようになったヒカゲに別れを告げオイラは上京したのでした。
数年後、お袋からの便りにヒカゲが亡くなったとの知らせ、老衰で安らかな最期だったらしい、良かった、長生きしたね。

未だに近所で黒猫を見かけると「ヒカゲ!」って呼んじゃいそうになります。

この頃ヒカゲの他にも数匹飼っていたので他の猫の話はまたいつか。
元祖ねこかるたはコチラ→ねこかるた(発祥 ねこ@ふたば)


情熱大陸 俳優 堺雅人

情熱大陸にお母ちゃんが出るらしいと聞いてはいた物の、すっかり忘れていて録画もしてないし、と思っていたらYouTubeにUpされてた。

俳優 堺雅人
共演者、スタッフの誰もが口を揃えて言う堺の印象は「真面目」。1つの役を演じるためには努力を惜しまない。その堺が本格的に演劇の道に引きずり込まれたのは、早稲田大学時代だった。演劇にのめり込み、「早稲田のプリンス」の異名を取り看板役者として、小劇場のスターとなった。しかし、小劇場のスターもそのままスクリーンの世界で羽ばたけるほど、甘い世界ではない。番組では昨年秋から4ヶ月の間、密着取材。役者としての彼のルーツに迫る。(毎日放送WEBサイトより)


09.03.22 情熱大陸 俳優 堺雅人 1/3


09.03.22 情熱大陸 俳優 堺雅人 2/3


09.03.22 情熱大陸 俳優 堺雅人 3/3

2/3の1:50頃から登場します我らがお母ちゃんこと濱崎けい子(二人の会)さん、ペテカンには2007年第28回公演「彼のことを知る旅に出る」に客演して頂きました。
濱崎さんの一人芝居での宮城野は観劇した事があるけど宮崎での堺雅人さんと二人芝居の宮城野は観て無い、(でも映像が有る事は知っていた)ホント蔵出し秘蔵掩蔵映像。
堺さんも忙しそうですな、去年の二人の会の公演の時にオイラたちとお付き合い下さいましてありがとうございました。
チナミに取材を受けていた場所は濱崎さんの息子さんの喫茶店「COFFEE ROASTER HAMASAKI」息子さんもチョコッと映ってました。→ブログ++宮崎発!コーヒー屋 *HAMASAKI* あれやこれや++
オリジナルブレンドや通販もしてくれるそうです。


エイプリルフール終了


救急車で搬送されたことはあっても入院したこと無いんだよね、骨折もした事無いし。
意外と元気です。

大治君、わざわざメールありがとう。


何か体調悪いんだよなー


と思っていたら、先ほど運ばれました。


リンク

検索フォーム

演劇・総合ポータルサイト
演劇・舞台ニュース
点取り占い

点取り占いブログパーツ

今日の名言

もえぎ色の作業所

保健所・病院のデイケアと連携しつつ、「精神障害者」たちとともに築いた、山間の養鶏・農場。病んでいるのは、世間の「常識」の側ではないか…。新しい「共同作業所」の実験が投げかけるものは何か。著者の体験をありのままに綴った数々のエピソード。 →ご購入は「本やタウン」

相互リンク&サーチetc.
Copyright(C)2009 Multi Staffってなんだよ! Allrights reserved. Presented by GALPOP BOLG. + GALPOP NET. / Powered by DTI Services, Inc.