マルチスタッフってなんだよ!は、ペテカン専属(?)マルチスタッフのボヤキ&裏側、公演案内や日々の活動など

ペテニュース


ペテカン次回公演
『上手に笑えないまさこさん』
2013年9/4(水)〜9/8(日)
詳細は↓
http://www.petekan.com

カテゴリー
最近のエントリー
プロフィール

谷友彦

Author:谷友彦
「Multi Staffってなんだよ!」はリンクフリーです。

最近のコメント
RSSリンク
月別アーカイブ
最近のトラックバック

そしてレコーディング

ペテカン「拝啓、絶望殿」の主題歌のレコーディングが行なわれている某サウンドスタジオへ。



中尾諭介&ニックバッカーズはバンマス田中大介氏指揮の元、熱き戦いを繰り広げていました、イイ感じ!



最後に記念撮影、はい、ニックバッカーズ!
(左からG.オバタコウジ、B.草場敬普、Ky.田中大介、Dr.佐藤大輔、Vo.中尾諭介)

W=47.2KG

またまた録音

『拝啓、絶望殿』の劇中曲録音のために田中大介邸にお邪魔してきました。
お昼過ぎから始める事数時間、夕方には中尾諭介氏も加わりギターをかき鳴らす。
気が付けば日もとっぷり暮れてビールの美味しい時間になってました。



音楽に乾杯。



W=47.2KG

またか

今日は稽古場に行ってきました。
Macに向かってする作業を家で悶々とこなすより、稽古している雰囲気を感じながら同じ作業をした方が良いのではと考えたからです。
お陰ではかどらずとも良い収穫が有った気がします、勿論不安もですが。






この後は稽古とは全く関係ないのですが・・・・・・・・・・









その後事務所で恒例の鍋&刺身をつまみながらほろ酔い加減で帰宅中、前から紺色の野郎二人がオイラをさえぎる訳です。

まずはヘッドホンを取りなさい的なジェスチャー(RCを爆音で聞いてたから言葉分からず)だったので取って素直に「なんでしょう?」と答えたら何と!二人同時に喋って来た、「○□×署の×□○です、ちょっと○×□△よろしいでしょうか?最近○□△×な被害が多くて職務質問を」あたりでイラッと来て「ちょっと待て、ちょっと待て、二人で同時に話されても意味不明にしか聞こえないから。」って言ったら「すいません」とあっさり。
身分証明署を見せてほしいと言うので、それこそ泉谷しげるばりに「それならお前たちの身分を明かすのが先だろう、警察手帳を見せな。」って言ったらまあ渋々ながら二人とも見せてくれました、良い資料になったよ。
悪いから、替わりに任意の職務質問に答えて財布からリュックから全部中身を見せてあげて、最後に「ご協力ありがとうございました」との事。
見た目25、26歳位のコンビでした、ゆとり世代なのかな?そう言えば「お兄さんの事を疑っている訳ではないんだけど」みたいな事を言ってたな、身分証確認したなら名前で呼べよ、いつからオイラはお前の兄貴になったんじゃい!とベタな突っ込みを入れつつ二人と別れた訳でございます。




今日も平和な池袋でした。

W=47.2KG

レコーディング?いやいや録音。

さて、そんな田中大介夫妻の自宅へ今回の『拝啓、絶望殿』の音楽を録音しに行きました。

田中大介氏とは2007年『彼のことを知る旅に出る』のオープニング映像のBGMに行き詰まってグチャグチャだったオイラの音楽を助けて頂き、翌年『青春荘の人々2〜梅雨の中休み〜』のミュージカル(似非?)楽曲を富永久代氏を交え制作して以来三回目のお付き合い。



いやー、アーでも無いコーでも無いと言いながら録音しつつ、忙しい大ちゃんは翌日のレコーディングの練習をしながらも数時間、音を楽しんで(あ、オイラだけ勝手になのかも)来ました。

さらに勢津子夫人の手料理の晩ご飯まで頂き(写メ撮り忘れちゃったミートソースのパスタ美味しかったです、ごちそう様でした)、満腹でほろ酔いながら帰路に着きました。




そして今自宅で仮ミックス中です、乞うご期待。

W=47.2KG

ウェディングパーティー



ペテカンの音楽を担当してくれている田中大介先生の結婚披露パーティーに出席するため代官山へ。



ライブハウスでパーティー、司会は本田誠人&中尾諭介「Say-You」の二人。

音楽あり笑いあり(下ネタあり)の素敵なパーティーでした。
大ちゃん、せっちゃん、本当におめでとうございます、末永くお幸せに。

W=47.3KG

『拝啓、絶望殿』稽古後



稽古後事務所で打ち合わせ(?)、主宰の鍋を囲っとります。



元演出助手のエヴァも来た、



本田嫁と本田息子も来た。

W=47.3KG

復刻アサヒゴールド

コンビニでビールを買おうと見上げたそこに見慣れた(?)ラベルの缶ビールが、アサヒゴールド復刻版



これは今年の1月、テアトルエコーSIDE B公演「蛍の頃」の小道具で登場させた昭和32年発売のアサヒビールのラベル(缶ビールは33年発売)限定復刻だそうです。
ラベルデザインはレイモンド・ローウィ氏、昭和シェル石油、不二屋のマーク、タバコならラッキーストライクやピースのパッケージ等々、当時超売れっ子デザイナーさんでした。

味も再現されてるとの事、スーパードライじゃないアサヒの生ビールを堪能させて頂きました。
ただアルコール度数が5%って?昔のビールって4.5%前後だった気がする・・・まいっか。

W=47.2KG

リンク

検索フォーム

演劇・総合ポータルサイト
演劇・舞台ニュース
点取り占い

点取り占いブログパーツ

今日の名言

もえぎ色の作業所

保健所・病院のデイケアと連携しつつ、「精神障害者」たちとともに築いた、山間の養鶏・農場。病んでいるのは、世間の「常識」の側ではないか…。新しい「共同作業所」の実験が投げかけるものは何か。著者の体験をありのままに綴った数々のエピソード。 →ご購入は「本やタウン」

相互リンク&サーチetc.
Copyright(C)2009 Multi Staffってなんだよ! Allrights reserved. Presented by GALPOP BOLG. + GALPOP NET. / Powered by DTI Services, Inc.